引越しが決まったら早く行動しましょう

もうだいぶ昔の話しです。
進学先の大学が決まりひとり暮らしをすることになりました。
大学が始まるのは4月ですからそれまでは自由気ままに遊んでいました。
住むアパートは決めてあったので引越しは3月に入ってからでいいだろうと悠長な思いでいました。
ところがです、3月に入って引越し業者を探したのですがどの業者からも「トラックが無い」、
「人員が全て出払っている」、「3月はもうスケジュールがいっぱいです」と断られてしまったのです。
迂闊でした。
3月は引越しシーズンだと私も家族も忘れていたのです。
仕方ないのでその時は服や下着など持って行ける物だけをバッグに入れひとり暮らしを始めるアパートに行きました。
結局、机やベッドなど大型の物は大学が始まった4月になってから引越し業者により運ばれて来ました。
引越しが決まったら早めに引越しのスケジュールを立てるのが良いという教訓となりました。

引越しをしてから思ったこと

私が引越しを経験をして思ったことがいくつかあります。
今まで住んでいた家から新居に引越してきて、私の部屋の環境が一変しました。
それまではかなり狭いスペースで過ごしていたのですが、今では大人が3人ぐらい寝れるほどのスペースがあります。
こんなに広い部屋は初めてのことでしたし、どうやって生活をしていけばいいのかという戸惑いもありました。
テレビをどこに配置するのか、寝る位置をどこにしようかなど初歩的なことを迷っていました。

費用に関する情報が満載♪

しかし今となっては寝る場所も、荷物を置く場所も決まっています。
こういったことは自然と決まってくるものなのかもしれません。。